2015年12月19日

人間ドッグに行ってきました

2015年12月14日・15日に人間ドッグに行ってきました。
60歳になり、市の補助金もあるということで、久しぶりに検診を受けようと思いました。
乳癌の検査で、超音波や肺のレントゲンはやっていましたが、
市の成人病検診でも、採血や採尿くらいですし。
胃・腸の検査は久しくしていないな〜と思っていたので、夏ころに申し込みをしました。
オプションで、初めて大腸の内視鏡検査を受けることにしました。
父が大腸がんを経験していますし・・・
いつかは検査しておきたいと思っていました。
がんセンターでは、がんの疑いがないと、何の検査もしませんからね。

歩いて10分位の所にある病院です。
14日は、前日にとった便を指定の容器に入れたのを持っていき、
採血・採尿、問診・聴診器、心電図、胃腸のエコー、肺活量、視力・眼圧検査、肺のレントゲンと胃カメラでした。

問診をした先生がと聴診器をあてるので、胸を見せたところ、
「手術跡、すごくきれいですね〜」とおっしゃいました。
もうすぐ、術後まる2年が経つし…
家に帰って胸を見直しちゃいました。
我ながらきれいだと思います。
手術をしてくださった先生に感謝です。

ただ、放射線をあてた時に少し肌の色が茶色くなった所があって、
乳首の右上から脇にかけて、少し茶色いんですよね。
本当にすこーし色がついてるっていうくらいなんですけれどね。
よく見ると気になりますが、まあ、これも治療の努力の結果と受け止めます。

スポーツジムで着替えをするときとか、シャワーの後とかも、
胸を気にしないでオープンにしています。
よく見ないと、傷跡も、左右差もわからないと思います。
そんなに気にして見てる人もいないでしょう。

胃カメラは10年以上前にやったことがあり、わりと楽な記憶がありましたが、
喉の麻酔用のゼリーは絡みつくし、スプレーの麻酔はちょっとピリピリするし、
唾は出るし、むせるし・・・かなり苦しかったです。
我慢弱くなってるのかな?

検査後に撮った写真を少し見せていただき、結構きれいだったような気がします。
結果はわかりませんが・・・
1時間以上経ったら食事して良いと言われ、普通に食事をしましたが、
喉の違和感は、翌日もありました。

2日目には、大腸の内視鏡検査をするので、夜に下剤を飲みました。
朝にはおなかが痛くなり、下剤の効果でどっと便が出ました。

その後、腸の洗浄剤というものを、2リットルの水に溶かして飲みました。
1リットルを1時間くらいかけて少しずつ飲むようにと書いてあり、
説明書通り、15分でコップ1パイを飲み、1時間たった頃にやっと便が出てきました。

その後は、薬を溶かした水をコップ1パイ飲むごとに便が出て、
さらに1時間位経った頃には透明になってきました。
想像していたよりは、スムーズに便も出て、透明な水のようなものになったので良かったです。

13:30の予約で30分前には受付をするようにとのことで、出かけました。
少し待って処置室に呼ばれ、紙のパンツに着替えて、ベッドで点滴をしながら待たされました。
少しして検査用のベッドに移動し、内視鏡を入れて検査。
横向きで画面が見れて、面白かったです。
内視鏡の付いた管を入れていくのがわかり、所々痛いところが
(大腸の曲がったところだそうです)ありましたが、何とか終わりました。

特に検査用に取るようなポリープなどもなく、終わりました。
その後、他の部屋に移動し、1時間くらい休んで終了。帰宅。

結果は1か月後位だそうです。

来年になっちゃいますね〜。

一応、緊急を要する病気はないかな。
後は結果待ちです。



posted by バタコ at 21:28| Comment(0) | 乳癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。