2015年07月16日

日本乳癌学会学術総会2日目

7月3日(金)
ランチセミナーを狙って7時半位に着いたけれど、(開場は9:00)
既にチケットの受付は終了してました! 8個のセミナーがあるのに・・・
全国から来てますからね〜。

8:00〜モーニングセミナーがあり、気になっていた「乳癌初期治療におけるラジオ波焼灼療法の現状と可能性」
というセミナーに参加しました。
サンドイッチとジュースが付いてました。

医学用語や専門用語が多く、わからない事が多いけれど、写真やスライドもありました。
やはり、日帰りの施術は、魅力的ですよね。
私は自分の治療前にネットを見ている時に「ラジオ波」のことを知りました。
国立がんセンターでも、おこなっているとあったので、担当の医師に聞きましたが、
8ミリ以下の初期乳癌にのみ適用。とのことで、20ミリ近くあった、わたしの乳がんには適用されませんでした。

施術の時間は短く、日帰りも出来るけれど、その後の治療や、再発・転移など・・・いろいろ問題もあるようです。
今のところは、一部の病院や研究機関で行われているそうです。
臨床件数が増えていき、保険適用で行われるようになると、若い方や、仕事をしている方には良いですよね。
また、高齢者にも負担が少ないですね。
今後に期待します。

その後、「ケースカンファレンス」 というセミナーに参加。
看護師や薬剤師の方の、実際の患者さんに対して行われたケースについての、医療側の対応と
患者側の反応の話しでした。

一つの例に、40代後半で乳がんの手術をされ、3年後(だったと思う)に再発。
治療のため入院。
本人は薬が嫌いで、薬を飲むことに偏見があり、薬の副作用をすごく気にしている。自然食品を好む方。
病気には痛みもあるらしく、病院側は薬の投与を勧めるが本人は、納得せず・・・
いろいろと難しいケースということで、取り上げられていました。
病気の症状についての本人の認識にズレがあるような事もあったらしい。
(理解出来ない用語もあるので、私にはどの程度かよくわからなかったが、かなり末期の感じがしました)

私も薬が嫌いだし、似ているかもなあ〜と思って聞いていました。

私も難しい患者なんだろうなあ・・・

でも、納得いかないことはやりたくないし・・・

病気が再発した時のことを、少し考えさせられました。











posted by バタコ at 18:30| Comment(0) | 乳癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。