2014年01月07日

手術

2014年 1月7日(火)

朝、6:30起床。看護師さんが検温に来る。

洗面、トイレに行く。


9:00頃、手術着に着替える。

10:00〜点滴開始。

11:00過ぎに、母と妹夫婦が来る。


12:00少し前に、執刀医である担当の医師がいらした。

救急が入って、手術が少し遅れると言われた。


12:00少し過ぎに看護師が来て、12:15に手術室に来るように連絡があったとのこと。

母と妹と一緒に、4階の手術室のある階に歩いて行く。


手術室の入り口で別れ、一人で手術室に入る。

ベッドに寝ると、マスクをつけられ、点滴で麻酔を入れると。

「今日はちょっと痛いですよ。ちょっとしみますよ。」と麻酔医の声。

あっ、ちょっと痛いかも〜と思っているうちに、おちた・・・


「終わりましたよ〜。」と言う声で、目が覚める。

全く記憶なし。

しばらく回復室で寝ていた。その後、ベッドのまま病室へ移動。


6階の入院病棟の前で母と妹が待っていた。

国立がんセンターでは、呼出し機をもたされ、終了したら呼び出されるようになっているそう。

テレビドラマみたいに、手術室の前で待つことはないんだね。


15:45 病室に到着。


右胸が少し痛い。

右胸はガーゼが貼られていて、脇の下の方からからドレン(直径7−8mm位の管)がついていて、

その先に10X15センチくらいの四角いプラスチックのケースがついていて、

リンパ液などが出てくるのを受けているらしい。

その上から、乳がんの術後用の前開きのブラジャーを付けている。


下には尿管が付けられていて、ちょっと嫌な感じだけど、仕方がない。


看護師が10〜20分おき位に来て、検温、欠かつ、酸素量、傷口のチェックをする。

今日は、19:30迄は、水もダメ。 じっとしている。


看護師が来る感覚がだんだん開いて行って、夜には、1〜2時間置おき、さらに3時間おき・・・

になっていたみたいだ。


ほとんど眠っていた。

時々目が覚める。腰が痛い。

寝返りを打っても良いと言われたが、動くと尿管や、ドレンパックが気になる。

右胸を下にすると痛いし・・・


夜は、むくみ防止だそうで、脚に空気圧でマッサージする機械を付けられた。

空気が入ったり出たり・・・圧がかかったり抜けたりする。


あまりのどは乾かなかったが、水を2回飲んだ。


breastcancer88_31.gif


ラベル:乳がん 手術
posted by バタコ at 20:00| Comment(0) | 手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。