2013年08月26日

抗がん剤投与開始!

8月26日(月)

実家から徒歩1分。がん研究センター行きのバスに乗り、8時少し前に病院に到着。

1階の待合所のソファはほとんど人で埋まっていて、自動受付機はまだ始まっていない。

整理券を渡された。


8時過ぎ、整理券の順番に受付機で受付。

その後、採血室で受付。少し待って8:40頃採血終了。

今日は母が同行するという事で、9:30頃にやってきた。


さらに乳腺内科の待合室で待って、医師の診察は10:45〜だった。

内科の担当医師と母が会うのは初めてで、先生は丁寧に抗がん剤の副作用の話をしてくれた。


11:00過ぎに診察が終わり、通院治療室で受付。

2時間〜2時間半待ちと言われる。今日の治療人数150人とか書いてある。

すごいねえ。毎日150〜200人の人が点滴を受けるんだって!


売店に行って、お茶してると、呼出し機が鳴った♪

12:00頃だった。 思ったより早かった。

通院治療室に行く。吐気止めのカプセルを飲む。

部屋はNo.22。リクライニングの椅子が入った狭い部屋。

母は折り畳みの椅子に座るのがやっとだった。

@看護師が来て、点滴用の針を打つ。

生理食塩水を点滴。針がきちんと入っているかの確認だそうだ。

A別の看護師が来て、今日使う薬を並べる。

吐気止め→赤い薬→透明の大きな袋。

B赤い薬に取り換える時に、看護師が透明のメガネ(ゴーグル)をかけた。

?と思っていると、「抗がん剤投与後の自宅での注意事項」を書いたものを渡された。

部屋に置いてある、パウチをしたもので、持ち帰れない。

母はメモってた。

*48時間以内は、

トイレ後はフタをして大を2回以上流す。

洗濯ものは家族とは別にする。とか・・・

へえ〜、私の排泄物とや汗は、他の人には危険ってこと?!

で、看護師もゴーグルかけたんだ。

劇薬なんだな〜抗がん剤って。とちょっとビビった!


Cそこへ薬剤師がくる。

今日の薬の説明や、先程、医師が出した処方箋の説明など。

抗生剤や、解熱剤などが出ていた。


14:00頃に終了。

人の出入りが多く、わりと早く感じた。

トイレに入ったら、赤い尿が出た。

点滴の薬だ! わかっていたから良いけれど、知らなかったらビックリだね。


会計をして、(癌センターは、自動精算機で、クレジットカードでも支払いが出来る。便利だ。)

バスで母と一緒に実家へ。

しばらく実家に泊ることにしていた。

実家近くの薬局で薬をもらう。


そのあたりまではテンションが高く、元気だったけれど…

夕方あたりから、なんだかだるくて気持ち悪くなってきた。

夕食も食べずに、布団へ。

breastcancer88_31.gif



posted by バタコ at 00:00| Comment(0) | 抗がん剤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。