2013年08月02日

検査結果

8月2日(金)

妹と待ち合わせ、国立がん研究センターへ。


乳腺外科 担当医師の話

検査結果

右乳房乳腺癌

しこりの大きさ: 23oと11o(つながっている可能性もあり)

リンパ節転移:  なし

遠隔転移の可能性:なし

種類:      浸潤癌

進行度:     ステージUa

タイプ:     トリプルネガティブ


トリプルネガティブとは・・・

乳がんには、増殖するための因子がいくつかありますが、現在はっきりわかっているのが、ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)とHER2です。これらの因子を取り込むことによって増殖する乳がんについては、これらの因子を取り込ませないようにする治療法が取られます。たとえば、ホルモン陽性(ER陽性あるいはPgR陽性)の乳がんならホルモン療法、HER2陽性の乳がんなら抗HER2療法というようにです。しかし、これらすべてが陰性であるトリプルネガティブ乳がんは、ホルモンやHER2の攻撃目標がないため、現在のところ一般的な抗がん剤治療が行われます。



このタイプには、手術と抗がん剤治療しかありません。

治療としては、

@手術→抗がん剤投与→放射線治療

A抗がん剤投与→手術→放射線治療


担当医師のおすすめは、A

理由として、しこりが2p大なので、先に抗がん剤投与をして、小さくしてから手術する。

しこりが小さくなれが、切除部分も小さくなるので、温存するにも乳房の形が崩れにくい。

抗がん剤の効き目がわかる。

温存手術の場合は、術後に放射線治療は必至。

切除した胸の残った部分には、再発の可能性が高いので、放射線を照射して予防する。

全摘するなら、放射線治療はしなくても良い。


抗がん剤治療は、通院で、抗がん剤を点滴にて投与する。

3週間毎に8回(約6ヶ月)

最後の投与後約1ヶ月後に、手術。

手術後、放射線治療。通院で週5日×5週間(25回又は+5回)


という事でした。


やはり乳房は温存したいし、Aの抗がん剤治療→手術→放射線治療 を 選択することにする。


そうすると、化学療法は乳腺内科の管轄なので、次回は乳腺内科の医師と詳しい話をするようにと。

8月8日(木)14:00に予約を入れた。


breastcancer88_31.gif


posted by バタコ at 00:00| Comment(0) | 乳癌発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。