2014年02月05日

病理検査の結果と今後の治療

2014年 2月5日(水)

14時からの予約で、妹と一緒に病院へ行った。

15:20頃、やっと乳腺内科の医師の診察室に呼ばれた。


病理検査の結果から、再度ACの投与を勧められる。

がん細胞をつぶすのは、今しかない!

再発・転移したら、手術は出来ない。

同じ因子の癌だったら、手術で採っても採ってもすぐに出来てしまう。

一生、抗がん剤治療をするしかないんですよ!

今、たたくしかないんです!


やさしい言い方だけれど、はっきりとした意志を感じた。


ACが辛かったのは理解できるので、薬の量を減らしましょう。

前より20%減らします。

さらに、副作用を抑える薬を変えるとか、量を増やすなどしましょう。


とりあえず1回やってみませんか・・・

それで、辛かったらやめてもいいですから・・・


そこまで言われて、完全拒絶は出来ず・・・

ここまで言われて、やらないで再発したら、後悔するだろうと思ったし・・・


再びAC治療をすることに決めた。


今日は、妹と一緒に自宅に帰り、明日、ふたりで実家に行って、母に話すことにした。

続きを読む


posted by バタコ at 21:00| Comment(0) | 抗がん剤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。