2014年02月03日

病理検査の結果

2014年 2月3日(月)

13時〜乳腺外科の医師の診察。

病理検査の結果を聞く。

・取り残しなし。リンパ節転移なし。

・採った物の中に、残っていたがんの大きさは約8mm

 最初の検査では約25mmだったので、抗がん剤の効果で、小さくなっていること認められる。

・術前化学療法の成果レベル 2 (3段階で示され中間。がん細胞がなければ3)

・乳がんのタイプ トリプルネガティブ


この結果、切り採った物の中にがん細胞があるという事は、私の身体の中に

将来がんになるかも知れないがん細胞の根というか因子がある、可能性があると考えられる。

術前にやる予定だったAC療法4回を1回でやめているので、残りの3回をやった方が良い。

やれば、私の身体の中にあるかもしれない、将来がんになるかもしれない細胞をやっつけることが

出来る可能性がある。


術前化学療法の効果は認められているので、さらにACを投与して、

癌細胞の根っこをたたきつぶしたい。

後で後悔しないために、やっておいた方が良いと思うよ。


と言われました。


まさか、術後に抗がん剤治療をするなんて・・・考えてもいなかった!!

あの辛かった抗がん剤をまた投与するのは、無理! 嫌だ!

と思った。


やったとしても、がん細胞がなくなったかどうかなんて、調べようもないんだ。

今、私の身体の中に、がん細胞があるかもしれないことも、調べようがないわけなんだから。


「一度、内科の先生と話してみてから、良く考えて決めてください。」と。


次回、2月5日(水)14時〜 乳腺内科の予約がされた。









続きを読む


posted by バタコ at 21:00| Comment(0) | 手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。