2013年07月13日

検査結果が出るまで

2013年 7月30日(火)
検査の結果が出るまで、あと3日。
乳癌とわかってから、何かにつけ、癌かも?って思ってしまう。

胃がむかむかしたり、肋骨あたりが痛かったり…
脇とか、腕の付け根あたりが、だるいというか痛いというか…
触ると痛かったり、硬かったり…
こっているのかもしれないけれど、リンパ節に転移かな〜?とか
骨に転移してるのかな?とか、思ってしまう。

ほんと、「病は気から」とは、よく言ったもんだ!!

つい、ネットで調べてしまう。
癌といってもいろいろらしい。
出来る場所によって、種類というか違いがあるらしい。

乳癌は、全身に散らばりやすいので、抗がん剤で飛び散りやすい癌をたたく。
でも、それが効いているかどうかは、定かではないらしい。

抗がん剤に反対している医師もいる。
癌細胞だけでなく、正常細胞にも作用するから。
これが副作用なわけだけれど。
正常細胞を痛めつけるのは、癌は治療出来ても、体にとって良くないんじゃないか…とか。
投与する量が多いのではないか…とか。

わからない。

とりあえず、結果を待とう!



posted by バタコ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

検査のあと・・・

7月25日(木)

朝8時に家を出て、電車→バスで国立がん研究センターへ。

受付をすませ、9:00から骨シンチのための、注射を打つ。これから約5時間後に検査になる。

9:30、MRIの検査室に行く。

造影剤を点滴で入れる。

うつぶせで30分位。

ガタガタ、ゴンゴン、カーンカーン・・・

耳栓をしているが、すごくうるさい!

5−6種類の音がすごく大きい。

これも初体験で、面白いかも〜と思ったりする。


終わって、9階の食堂でランチ。

食後、しばらく待って、13:30〜骨シンチの検査へ。

骨にがんがあるかどうか調べるそうだ。

CTみたいに台に乗って、検査する。


14:30頃、会計も終わり自宅へ帰る。

ソファで昼寝。

夕方、急にお腹が痛くなって目が覚める。

最初は、硬い便意のようだったが、だんだんと痛みが強くなり、胃がむかつき吐気も。

トイレに行って、便はでたが、吐気・冷や汗・・・

吐気はするが、何も出ない・・・

すご〜く気持ち悪く、つらい・・・

少し落ち着いてきたので、熱めのシャワーを浴びる。


骨シンチの注射と、MRIの造影剤のせいか?

抗がん剤治療中って、こんなかな〜?

もっとつらいのかな? などと、考えてしまう。


だんだん楽になってきた。


続きを読む
posted by バタコ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。