2017年05月23日

術後3年半

お久しぶりです。

今年1月で術後丸3年が経ち、1月16日に定期検診がありました。
何も問題なく、順調に回復し、ふつうに生活しています。

ブログを更新しなくてはと思いつつ、更に半年近く経ってしまいました。

私にとっては最後の治療の放射線治療が終わってほぼ3年が経過した事になります。
ありがたいことです。

実は今年の1月末にインフルエンザにかかり、それは病院に行って薬で回復したのですが、
それ以来、朝方に咳が止まらず、痰が絡むことが度々で、呼吸器内科にもかかっていたのですが、
良くなったり、ぶり返したりの繰り返しです。

花粉症もあるので、仕方ないかなと思いつつ、中々スッキリせず…
呼吸器内科の医師は、聴診器をあて「肺の音は問題ないです。綺麗ですよ。」と言うのですが、
まだスッキリとはいかないものです。
加齢のせいもあるのでしょうね。

先月4月12日に定期検診があったので、癌センターの医師にも話しましたが、
「心配なら、他の内科か耳鼻科で診てもらってね。」と言われてしまいました。
まあ、ガンにはほど遠いということでしょうね。

そんなことくらいで、元気にしています。
昨年秋から、溶岩ホットヨガを始め、週に2〜3回通っています。
大量の汗をかいていますが、体重、体脂肪は減らず、安定しています。
まあ、太っているわけではないので良いのですが、微妙に上昇傾向の感じがあり、
ウエスト周りの脂肪が気になっています。

元気だということです。
本当にありがたいです。

少し前に、アロマルームのお客様のお母さまに乳がんが見つかったとの連絡があり、
経験者としての話を聞きたいというので、ご自宅に伺わせて頂きました。
不安なのでしょうね。
何度か伺って話をさせて頂き、こんな私でも、少しはお役に立てたのだとしたら、嬉しいです。

4月半ばに手術をされ、今はホルモンを抑える薬を服用しています。
順調に回復されていることと思います。

最近も芸能人のがん発見の話が話題になっていますね。
本当に誰にでもあることですよね。
そして、回復して、仕事復帰されている方も多いです。

今やがんは治る病気です!よね。

みなさまが健康で、元気でありますように。

また、治療中の方も回復されて元気になりますように。

posted by バタコ at 19:32| Comment(0) | 治療後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

がんリハビリテーション教室

2016年3月3日(木)
今日はひな祭りですね。
毎年、実家にお雛様を飾って、母と妹の家族たちと食事をして過ごしてきました。
今年は2月末に行ったので、今日はひとりのんびりしています。

乳がんの手術をした年も、母と妹たちが飾ってくれて、
妹が作ってくれたまぜ寿司を、たくさん食べたのを覚えています。
術後2ヶ月なのに、すごくたくさん食べて、皆に驚かれました。
ありがたいことです。

少し前のことですが…
1月初めに定期検診に行ったときに、「リハビリテーション教室のご案内」というチラシがありました。

@体力測定「自分の体力を知ろう!」
A運動指導「治療(抗がん剤)中・後でもできる!簡単な運動教室」
B呼吸指導「呼吸の仕方を工夫して、楽に動こう!呼吸リハ教室」
CADL指導「抗がん剤による手足のしびれの対処法を学ぼう!」
D円げ指導「むせない食べ方をマスターしよう!」

など、内容と開催日が記載されていました。

参加対象者は「当院で治療を受けておられる患者さん・ご家族」

ということでした。

病院棟9階…ということは、食堂のある階で、たぶん、以前は喫茶室だったところだと思います。

私が今でも気になっている痺れの教室Cが1月27日(水)の13:30〜あったので、申し込んで帰りました。

当日、部屋に行くと、数名の方がいました。
その後、更に数名いらっしゃり、全部で10名くらいでしょうか、
ご家族とご一緒だろうなという方もいらっしゃいました。

スライドを見ながら、理学療法士の方の説明とお話でした。
スライドをプリントしたものも配布されました。

要するに、抗癌剤による副作用のしびれは、末梢神経障害なので、運動では治らない…ということでした。

今のところ、特効薬もありません。

日常生活での、アドバイスや、動作をラクにする補助具など。
2次的機能障害を避けるための筋トレや運動をした方が良い…と、いうことです。

抗がん剤の投与が終わってからは、徐々に軽くなっては行くのでしょうが、
結構長く付き合って行かなくてはならないようです。
もともとの体力や筋力によっても違うでしょうが・・・

理学療法士さんが言うには、治療中(抗がん剤投与中)は、痺れ以外の副作用もあり、
動きたくないでしょうが、動かないと余計に筋力が低下し、回復も遅くなると。
しびれが回復するわけではないですが、筋力があれば、転びそうになった時に回避出来たり…と
言うことです。

私は、術後2年が経ちました。
パクリタキセル投与後からは、2年と2ヶ月くらいです。
術後のACが終わってからは、今月末でちょうど2年。

手足の痺れはまだあります。
日常動作には、ほとんど問題ありませんが、ちりちり、ザラザラ、嫌な感じです。
寒い時は、常に冷えているような感じです。
足もつりやすいです。

いつまで? と思います。
慣れませんね。

私は、抗がん剤の治療中は、ほとんど動いていませんでした。
運動の指導なんてなかったし…

こういう設備が出来たことは、良いことだと思います。
治療前に、こういう話が聞けたら良かったのになと思いました。
また、治療前に、実際の体験者の話も聞けたら、良いのになと思いました。

実際に体験しないとわからないことはたくさんありますが、
体験者の方の話は、聞いておいて損はないと思います。

部屋の中には、バランスボールや、リハビリ用の器具もありました。
今は、医師の勧めがあって、医師が予約を取った患者さんが利用出来るようです。
患者本人が希望して、医師に予約をとってもらうことも出来ると思います。
ただ、患者さんは、こういうところがあって、どんなことをしているのか、知らないかたの方が多いと思います。
医師や看護士さん達が、知らせて欲しいと思います。

治療中はもちろん、術後など、運動したくても、どうしたら良いかわかりませんよね。
どこまで動かして良いのか、いけないのか?
どの位(回数や運動の強度)すれば良いのか?
見て指導してくれる先生がいると安心ですね。

「患者教室」ということで、定期的に開催しているようです。
パンフレットが、掲示板や、待合室近くのところや、サポーティブケアセンターに置いてあります。

上記の内容の他、爪のケアや、スキンケア、歯磨き教室などもあるようです。

術後、治療後の生活が長くなっているということでしょうか?

がんは治る!ということかな。

国立がん研究センター東病院にも、やっとこういう場所が出来て、うれしいです。
患者さんや、体験者の話を組み入れて、利用しやすくなって、
治療前の不安解消や、術後、治療後のの生活に役立つ場所になって欲しいと、強く希望します。
posted by バタコ at 15:12| Comment(0) | 乳癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

人間ドックの結果

2016年2月11日
昨年末に、人間ドックを受けました。
その結果がやっと出て、聞きに行きました。

血液検査の結果は、ほぼ基準値範囲内でした。
ただ1つだけ、LDLコレステロールがやや高く、148でした。
去年よりもまた少し上がってしまった(>_<)
HDLは99で、総コレステロールが260と高くなっていました。

「動物性脂肪を控えるように」との、コメントがありましたが、
そんなに食べてるわけでもないのに・・・

肉は鶏肉の胸かささみ。

牛肉はほとんど食べないし、週に1・2回豚肉を食べる程度。
あとは魚。豆腐、厚揚げがメイン。

野菜を多く食べているつもりだし・・・

帰ってから、ネットで調べても、避けたほうが良い食べ物はほとんど食べていないし、
おすすめの食材がメインだと思う。
インスタントラーメンは10年くらい食べてないし、
ここ2-3年は、ウインナーやハムなどの加工品も、食べてない。
タバコは吸わないし、お酒を止めて3年くらい経つし…

体質的に脂肪を貯めやすい人もいるらしいからね。
女性の場合、女性ホルモンの閉経後に脂質の代謝が落ちるらしい。
たぶんその頃から、コレステロールが増えているようです。

食事で自分が気になったのは、卵が1日1個くらい食べているので、それが多いのかな。
昨年秋くらいから、オリーブ油をココナツオイルに切り替えたのが、合わなかったのかなぁ…
ドライフルーツの食べすぎか…

糖分や炭水化物も脂肪になるらしいからね。
炭水化物は減らしてるつもりだけれど…
果物は前より食べているかも。

コレステロールを減らすと言われている食材で、あまりとっていないのが、
玉ねぎと納豆かな。

玉ねぎは調理後の匂いが部屋に残るのと、口の中に残るのが嫌で、ほとんど料理しない。
納豆は時々食べるようにはなったけれど、ネバネバが苦手で。

で、調べてみたら、ドライ納豆と、玉ねぎの皮の粉末というのを見つけた!
早速購入。

ドライ納豆は、低温油で揚げているものと、無添加のフリーズドライを買ってみた。
フリーズドライのは、味は納豆の味だけだけれど、結構いける。
口に入れると、水分で粘つく。
揚げてあるのは味が少しついているので、比べるとこっちのほうがおいしいけれど。
結構ぽりぽり食べてしまった。
塩分もあるので、食べすぎには注意!!

玉ねぎの粉末は、お湯に溶かすと、オニオングラタンスープのようなにおいがする。
わかめスープに混ぜて飲んだけれど、おいしい。
炒め物とかに煮物に入れても、少し甘味が増して、風味が出た感じ。

少し続けてみようと思う。
でも、1年後の検査まで、続けられるか、何が原因かわからないので、
早めに血液検査だけやってほしいなと、調べてみたら、
病院でも、血液検査だけやってくれるらしい。
あとは、自分で血液を採って検査してもらうキットがあるらしい。

昨日知ったんだけれど、近くの薬局で、セルフチェックの「じぶんからだクラブ」というのがあって、
3000円ちょっとくらいで、血液検査が出来るらしい。

1年後だと思っていたんだけれど、去年は人間ドックだったので、12月だったけれど、
市の検診が、毎年7月・8月にあるので、その時に調べれば良いかなとも、思っている。

コレステロールがやや高めの方が長生きするという説もあるらしい。
また、ネットである医師が、「LDLがHDLの2〜2.5倍以内なら大丈夫」と言っていたし。
そんなに気にしなくても良いのかもしれない。

その他、胃カメラでは、逆流性食道炎が(M)レベル。
これは、加齢によるもので、同年齢では、普通らしい。
胃は萎縮性胃炎と十二指腸にポリープがあったが、症状がないので、経過観察。

大腸の内視鏡結果は、上行結腸憩室というのがあって、腸の一部が外に膨らんでいるらしい。
便秘などで、腸壁の柔らかいところが外側に膨らむことがあるらしい。
炎症を起こすと痛みや出血するそう。
でも、症状がなければ、大丈夫だそうです。
大腸検査は初めてなのでわからないが、抗がん剤の副作用で便秘気味だった時に出来たかな。
20代の頃は便秘だったから、その時か?

まあ、憩室のある人は結構いるらしい。
これも、経過観察ということです。

次の内視鏡検査は、3年後か5年後位でも良いかな〜。

とにかく、まあまあ健康ってことでしょうね。
posted by バタコ at 20:51| Comment(0) | 術後2年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。